So-net無料ブログ作成
検索選択

24時間テレビ マラソン 坂本雄次トレーナー 病気から再挑戦中! [芸能]

<スポンサーリンク>

24時間テレビのマラソンランナー2013は、
森三中の大島美幸さんが挑戦しますね。


ところで、24時間テレビのマラソンといえば、
伴走する坂本雄次トレーナーを忘れてはいけません。


坂本さんは病気を乗り越え再挑戦しています。




24時間テレビ マラソン ランナー 2013 大島美幸


2013年「24時間テレビ36 愛は地球を救う」の
チャリティーマラソンのランナーを大島美幸が務めます。


「24時間走ったら何が見えるんだろうって、好奇心もあります」
と言っていた大島さんですが、どんな走りになるのでしょうか?




間寛平から始まったこのチャリティーマラソンですが、
その後、芸能人・有名人がランナーとして登場しましたね。


苦しさに耐えながら何とかゴールまでたどり着き、
感動の中でフィナーレを迎える。


最近、企画がワンパターンになっていませんか?
ストーリーが見えるので飽きていませんか?




大島さんもあの体型から8月の本番まで、
かなりのダイエットの試みましたね。


そして今回も、森山中の3人で支え合いながら、
という展開になるでしょうね。


ネット上では、あまり評判が・・・ですね?
どのような演出に仕上がるのか?そちらの方が楽しみです。





24時間テレビ マラソン 坂本雄次トレーナー病気から


チャリティーマラソンに毎回登場する坂本雄次ですが、
詳しいことって知られていないですよね。調べてみました。


本名:坂本 雄次(さかもと ゆうじ)
生年月日:1947年(66歳)
出生地:神奈川県茅ケ崎市
血液型:B型
職業:ランニングプロデューサー
趣味:映画鑑賞、スポーツ鑑賞
長所:物事を諦めないこと・話好き・人間好き
短所:食が細いこと




坂本雄次さんは、東京電力の陸上部で監督を15年間務め、
数多くのランナーを育てています。


健康のためという理由でランニングを始めた坂本さんですが、
株式会社ランナーズウェルネスを設立し、商売に展開しています。


1992年に「24時間マラソン」が始まっていますが、
最初から運営やタレント指導に当たってきました。


「あなたもできるフルマラソン」などの著書も出版し、
国際スパルタスロン協会日本支部代表も務めています。





坂本雄次さんは、ある意味24時間マラソンをやる
タレントさんより凄いですよね。


伴走として、つきっきりでタレントと走り、
休憩中はケアにまわっていますからね。


60歳をこえているとは思えませんね。
本当にすごいと思います。





坂本雄次さんは、間寛平さんがギリシャで参加した
36時間フルマラソンのサポートがきっかけで、
24時間テレビのマラソンに携わってきました。


数年前、椎間板ヘルニアの手術を受け、
病気で24時間テレビに出られないときもありましたね。


左大腿骨を切断して、人口股関節を埋め込む手術もしたそうです。
それでも、24時間マラソンのサポートに復帰しています。






坂本雄次トレーナー 走りの理想とは?


坂本雄次さんの理想の走りは、かかとに負担をかけない
「すり足走法」だそうです。


身体の上下動をなるべく抑えて、ひざを上げずに足を運ぶ。
これをすることで、長い距離が走れると言います。


24時間マラソンを見ていると、出場するタレントさんも
そんな走り方をしていますね。




さて、2013年「24時間テレビ36 愛は地球を救う」の
チャリティーマラソンに挑む大島美幸さん。


彼女は、どんな走りを見せてくれるでしょうか?


坂本雄次さんは、どのようなサポートをするのでしょう。
夏の本番が楽しみです!

<スポンサーリンク>



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。